« 2011年12月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.01.29

岡村靖幸Tour「ハレンチ」最終日レポ(96.12.29)

岡村ちゃん完全復活記念という事で、1996年の年末に開催されたツアー「ハレンチ」最終公演の模様を10数年の時を経て再掲載しますです。
文体が若々しいのは15年も経っているという事でお許し下さいませませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


’96年12月29日・大阪厚生年金会館

行ってまいりました、今年(’96年)最後の岡村ちゃんのライブ!
in 大阪厚生年金会館!!
というわけでライブレポです。

定刻から、20分程すると客電が落ちカーテンの引かれたステージが明るく光りだす。(そのため、カーテンの中央にカーテンを引く係と見られる人影が二つ見えたのには笑えました)

4つ打ちバスドラがドスドス響き、ギターやベースの唸る中「ちぇけ、大阪ベイベェ!」と怪しげな歌声。ああ、大阪に来たのねぇと実感(爆)
そして新曲である1曲目「ハレンチ」はワンコーラスをカーテン越しに歌われたのでした。

2.どぉしたらいいんだろう
3.飾りじゃないのよ涙は

・人のカバーである為か(しかしなぜこの曲?)舞台上に歌詞カードを持った男(ビキニ海パン一丁)が登場。サビは前に出て行って歌っていたから、Aメロとかの歌詞に自信が無かったということか?
ちなみに武道館と違ったのは靖幸以外はみんな眼鏡にライトが付いているものをかけていたという所。

4.ターザンボーイ
5.Vegetable
6.イケナイコトカイ(←この後、岡村ちゃんは一旦退場)
7.(インスト)

 自動演奏家の松井さんが途中でオペラ歌手の様にソロを歌い上げました。さすが最終日、みんな遊んでます(笑)インストの終わり頃に岡村ちゃんが登場して、終わってからドラマーと握手してました。

8.うちあわせ
9.(E)na
10.カルアミルク
11.聖書(バイブル)
12.生徒会長

 この曲のエンディングのコードが流れた状態で「パン、パパン、パン」とバンドメンバーが客席に手拍子を要求・・・そして岡村ちゃんがギターを担ぎ、印象的なイントロが・・・・・・

13.あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう

 個人的に「だいすき」なんですよ、この曲。いつ聴いても涙線刺激されるというか、鳥肌立っちゃうというか。それから、この日は「ブラスバンド」の所で松井さんを先頭に女の子たちが登場しました。(二十歳ぐらい?)最後はギターをジャカジャカ弾きまくると、床にバーンとギターを置いて終了。

(休憩)

14.俺が靖幸ちゃん(?:新曲)

 勝手にタイトルを付けてしまいましたが、一応レコードになっていない曲です。

15.Co'mon
16.Punch↑
17.いじわる
18.あばれ太鼓
19.ステップUP↑

この後、再び休憩。そして恒例のあの時間へと・・・

20.弾き語り(キーボード)

 コンビニや吉野屋での晩ご飯はもうごめんだぜぇ
 確かに、夜中にエロ本を買えるからコンビニは便利だけど
 でも、こんな生活続けてちゃやばいと思ったんだ
 君といっしょに正月を過ごしたいぜ

って感じの歌と

  タクシーで夜中の3時頃にどっか食べにいこうと
 「運転手さん、どっかいいとこありません?」と尋ねたら、
 「う~ん、どぉでっしゃろ? それより兄ちゃん飴玉食べまっか?」
 と言われ、いや、そんなことは聞いてないよ それよりどっかないと
 聞いたら「ソニービルの前でいか焼とかラーメンとかやってまっせ」
 と言うのでソニービルの前で降ろしてもらうと、
 そこは金髪の兄ちゃんとかいっぱいいたから他へ行こうと思ってうろうろ
 していたら、大阪の街は昼間と全然違う雰囲気だった。
 俺の大阪カンバ~ック!

って感じの歌の二本立てでした。

弾き語り以外にも、会場を煽る時の言葉の端々にも大阪弁が出てきて、さすが住んでいただけの事があると感心してしまいました。

21.友人のふり

 ギターのアルペジオの音が澄んでいて、とっても良かった。

22.だいすき
(松井さんMC)

23.ギター弾き語り(~ベサメ・ムーチョ)~Out Of Blue

 「アメリカ村のカキフライ味のオムライスが俺は好きだぜ」とか歌ってた
この前の武道館の時といい、最近は「オムライス」がお気に入りか?どうでもいいが油は控えめにしてくれよぉ~(爆) 次の曲は多分「ベサメ・ムーチョ」でいいと思うんだが・・・曲名自信無し。

  そして、「Out Of Blue」会場大合唱で、岡村ちゃんは歌詞間違ったけど客席でフォローするというアットホームな光景が見られました。厚年はアリーナが無かったので「渡辺ありーな」は聞けませんでしたが(爆)私は今回「いかいか一階」をがんばりました。

ステージから25メートル程しか離れていなかったので、最後に挨拶している時の笑顔もはっきり見れてよかったっす。(ちょっと毎回行くには遠いけどね、大阪)

今年は、なんだかんだで5回も岡村ちゃんを見てしまいました。ハハハ来年は是非新譜を出して昔の曲も好きなんだけど、もっとブランニューな岡村ちゃんを見てみたいぞ と。頼むぜ、岡村ちゃん!

| | コメント (0)

2012.01.28

一青窈・ミーツ・岡村靖幸!

岡村靖幸書き下ろし!一青窈がファンキーな新曲を本日配信(ナタリー)

デビュー10周年を記念して10カ月連続配信リリースを敢行している一青窈。この第2弾作品「Lesson」の配信が本日1月25日にスタートした。

今回の新曲は岡村靖幸が書き下ろしたキュートなアッパーチューン。一青による女性目線の甘い歌詞が、岡村の楽しくファンキーなトラックと融合しており、2 人それぞれの魅力が発揮された楽曲になっている。

YouTubeのフォーライフミュージック公式チャンネルでは「Lesson」ビデオクリップのショートバージョンを公開中。一青が4人のダンサーを従えて軽快なダンスを披露する、彼女の今までにない一面を見せた映像作品に仕上がっている。

25日飛び込んで来たまさかまさかの大ニュース。
岡村ちゃんのセルフリアレンジアルバム「ビジネス」に窈ちゃんがシークレットで参加してたり(あの声は
彼女以外に考えられん!)岡村ちゃんのDATE(ライブ)にお花がきてたりと何となく以前からその予兆は
あったのですが、ついにやってくれました!俺得コラボ!

「靖幸」の頃を思い出すよな、ポップな曲調に軽く肩の力を抜いた様に歌ったり、畳み掛ける様にソウルフルに
歌ったりと変幻自在な岡村ちゃんコーラスと聴きどころ満載な上に、窈ちゃんの岡村ちゃんワールドを
研究して書いたっぽい歌詞も素敵。。。
たぶん、いやきっと今年一番聴いた曲です('∀`)

Lesson - Single - 一青 窈(iTunes Store)

※岡村靖幸EPICソニー時代の旧譜6作品、2/15再発売!

| | コメント (0)

愛こそはすべて

YMO、小林武史ら参加の震災復興支援プロジェクトPV公開(ナタリー)


東日本大震災復興支援プロジェクト「JAPAN UNITED with MUSIC」による「All You Need Is Love」の着うたフルおよびPCの配信が、本日1月25日よりスタート。これにあわせてレコーディング風景を元に作られたビデオクリップの一部が、プロジェクトの公式YouTubeチャンネルで公開された。

「JAPAN UNITED with MUSIC」には、発起人の坂本龍一と、楽曲のプロデュースを担当した小林武史を中心に、レーベルやプロダクションの枠を超えて30名のアーティストたちが無償で参加。楽曲および原盤の利益は、「いわての学び希望基金」「東日本大震災みやぎこども育英募金」「こどもの音楽再生基金」といった震災で被災した子供たちを対象とした基金に寄付することが決定している。

なおこの曲を収録したシングルは3月7日にリリース。本作にはPVを収録したDVDとオリジナルステッカーが付属する。

「JAPAN UNITED with MUSIC」参加アーティスト

AI / 今井美樹 / ATSUSHI(EXILE)/ TAKAHIRO(EXILE)/ Crystal Kay / Kj(Dragon Ash)/ 小泉今日子 / 小林武史 / 桜井和寿(Mr.Children)/ Salyu / JUJU / SUGIZO / Superfly / トータス松本 / GAMO(東京スカパラダイスオーケストラ)/ 北原雅彦(東京スカパラダイスオーケストラ)/ NARGO(東京スカパラダイスオーケストラ)/ 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)/ ナオト・インティライミ/ 難波章浩/ VERBAL(m-flo)/ 一青窈 / 藤巻亮太(レミオロメン)/ 布袋寅泰 / BONNIE PINK / miwa / 屋敷豪太 / 坂本龍一(Yellow Magic Orchestra)/ 高橋幸宏(Yellow Magic Orchestra)/ 細野晴臣(Yellow Magic Orchestra)

YMOとしてはこの曲の演奏をするのは80年の衛星中継以来かしらん?
('∀`)
All You Need Is Love - Single - JAPAN UNITED with MUSIC

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年6月 »